スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク

セミナーメモ「先進事例に学ぶ、ソーシャルメディア時代のWebアクセス解析とは?」

久々にブログ更新(いったい何ヶ月ぶりだろう。。)します。
本日、セミナー「先進事例に学ぶ、ソーシャルメディア時代のWebアクセス解析とは?」
に行ってきたので、メモを記します。

----------------------------------------------------------------------------------
「先進事例に学ぶ、ソーシャルメディア時代のWebアクセス解析とは?」

日時:2010年5月20日 14:00〜17:15
主催:オーリックシステムズ株式会社
会場:ベルサール神田


---------- データで勝ち抜くソーシャルメディア時代 ------------------------------

講演:TechWave編集長 湯川鶴章
#元時事通信。著書「次世代マーケティングプラットフォーム」


■進化の歴史

・ポータル+バナー広告
・検索+検索連動型広告
・ソーシャルメディア+?

 →ソーシャルメディアのマネタイズの方法がやっと出てきた
  数週間前にFacebookが「Like」などのAPIを公開した

メディアとは

もともとミディアムという「間」という意味
人と人の間
情報と情報の間

■人間はなぜ生きるのか なぜ働くのか
・表現するため
・評価されるため
・他の人とつながるため
→ネット上の情報発信も同じ。上記が満たされるメディア。

■21世紀のメディアは全てオンラインにつながる。
 21世紀はメディアというと「ソーシャルメディア」となる。
 twitte,facebookなどのソーシャルメディアを見て、TVや新聞、雑誌を見る。
 ソーシャルメディアがハブになり繋がっている。

■広告の究極の姿とは、三河屋さん的コミュニケーション

 以下の4つとなる。

 仝〆連動型広告
  サザエさん「おしょうゆ、きれちゃったんだけど。」
  →三河屋さん「丸金しょうゆとかいかがですか?」

 CRM+メールマーケティング
  三河屋さん「おしょうゆがそろそろ切れるころかなと思って、
  いくつかおすすめを持ってきました」

 Web、デジタルサイネージ、店頭システム、モバイルで360°マーケティング
  町内会の盆踊りでバッタリ。
  サザエさん「そうそう、今度おしょうゆ持ってきてね。」

  Web解析、行動ターゲティング、各種データとの連携
  三河屋さん「波平さん、塩分控えてるんですってね。減塩しょうゆとか
  どうですか?」

 しかし、完成しているのは,劼箸弔世院
 これは「三河屋さん的コミュニケーション」の最低ライン。
 まだまだビジネスチャンスあり

■デジタルサイネージは「パソコン」。
 パソコンであるということは、パソコンと同じようにアクセス解析できる。

■経済リワイヤリング
 すべてオンライン統合化

Facebookのソーシャル機能はfacebookを飛び出し、
 Web全体をソーシャル化する

■Facebookの最近の取り組み

・ログインボタン 既に登録済みの友達の顔写真を表示
 →登録率の向上

・Like(いいネ)機能
 →Likeは、発表後の24時間で10億件

■Facebookのほかに注目しているソーシャルメディア

・PANDORA
  友人がどんな音楽聴いているかがわかる
 #日本からはアクセスできない

・yelp
  グルメ情報
  iPhoneアプリ
 ソーシャウグラフでFacebookの人間関係連れてくるので良い
 #日本からはアクセスできない

・Levi's サイト
 みんなのレコメンドと自分の友達のレコメンド、
 2つが見れる

■FacebookのPV、男女比などのデータは、APIで公開されている。
 Facebookの「その人が何を好きか」というのを取り入れられるので、
 Web解析がひとつ進むといわれている。

■Facebookは約5億人が登録。国家でいうなら、中国、インドの次。

SEO中心時代の終焉。
 検索よりも人間関係を使うのではないか。
 SEOを数年で終焉。

■日本ではどうなる?
 →わからない。
  Facebook Japan、mixi、gree、はてな、モバゲータウン

AISAS、AIDMAは時代遅れになる

人手を使うのは限界があるが、人間味ある対応が必要
→答えはテクノロジー使うしかないが


----------「RT metrics」利用歴7年の担当者が語るアクセス解析活用のポイント-------

講演:毎日新聞社 制作技術局技術センター 楢本隆治氏


■リアルタイム解析を利用したページの最適化

サイト編集者は、各ページのアクセス数の変動をチェック。アクセス数が多いページ、
急激にアクセスが多いページなどをリアルタイムでチェック。ページの構成を変更したり、
他のサイトからの誘導(リンクの変更)。

これは、ニュースサイトならでは。

■月次処理のPV・UUの解析を早く、負荷なくレポートするために、
 cookieに乱数をつけるようにし、1/10を抽出して解析している

■RT Metricsを使い続けている理由に
 PV課金でないので、コストが一定というのも入っていた。
 これはかなり大きそう


---------- ベネッセがRT metricsを選んだ5つの理由 -------------------------------

講演:ベネッセ 松本圭介氏(中学生向けサイトの担当。その前は全サイトに統一のログ
解析導入等行っていた)


■サイト群の目的・ターゲットが多様

■RT metricsで計測しているのは合計8億PV(月間)

■RTmetricsが全社共通のログ解析ツール
 一部、別のツールを入れている部署もあり

■Webビーコンは、アクセスが増えれば増えるほど課金されるのでは予算が立て
 づらかった。

■タグの埋め込みなどの作業が不要。


---------- パネルディスカッション ----------------------------------------------

モデレーター ニューズ・ツー・ユー 四家氏(元カレン)+上記講演者3名
+オーリック社長


■twitterの事例は1個しかない。渋谷駅に子供が生まれてよかったことは何ですか?
 というのを貼り出してやった。継続的にやってはいない。(ベネッセ)

ベネッセは昔から既に頭の中がソーシャルで考えている
 ベネッセはマス層が対象だから、2周遅れで良いくらい。
 特にTwitterすべきだとかは思っていない。
 他社は、企業文化として対話とか、ソーシャルにならなければいけない。(湯川氏)

| Webについて | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

制作へのこだわり

長谷川さんのブログより。

▼Webデザインがつまらなく見えてしまう理由
http://www.yasuhisa.com/could/article/why-webdesign-is-so-boring/#


非常に同感しました。

弊社は受託でのWeb制作を主事業としており、
Web制作業界では売上・人員規模ともに最大手ではありますが、
”我々が御客様へご提供することができる「価値」とは何であろうか?”
というのを、改めて最近強く考えており、またある種の危機感を
おぼえています。

現在、この「価値」を、”制作”ではなく、”コンサルティング”
など水平方向に広げる動きが出ています。

それは、御客様がコンサルティング的なものを求めている為と、
単純な制作の単価が下がっていること、御客様側のリテラシーが
上がっている為、自社内で制作したり切り分けて発注することも
多くなっていることが要因です。

この水平方向に広げていく流れは、業界的にそのような流れとなっており、
弊社としても同じです。

「価値」=「対価」につながるので、
水平方向に単純な制作以外のラインナップを増やす、
もしくは制作費としての人月工数以外のプロフィット・シェアなどで
顧客単価を増やそうという考えでもあります。

#興味深いところでは、SEOで有名なフルスピード社が、
 今年1月の事業戦略説明会で、Web 以外に、人事、総務、
 営業等まで支援する会社への転換を発表しています。

これは御客様が求めていることなので、間違いなく必要ですが、
一方、”制作”(あるいは”クリエイティブ”、”デザイン”)を
軽視するようなことは絶対にしたくない。

まだまだ垂直方向、"制作"を深堀りできる余地も
あると思うのです。

Webにはベストプラクティスというものがあります。
しかし新しいUIなどを試みることで、
現在わかっているベストプラクティス以外の
ベストプラクティスが見つかるやもしれません。

A/Bテストや多変量解析で、”制作”したものの結果は
丸裸とはなります。

また、Webの場合、特に御客様のサイトを作る場合には、
コミットしているKPIがあり、
アクセシビリティを考慮して、
SEOを考慮して、
動的サイトの場合はシステムも考慮して、
・・・と制約が非常にあり、難易度は非常に高いですが、
挑戦を続けたい。

自分たちで実験的なサイトを立ち上げるのは勿論、
実験的な試みを一緒にやってくれる御客様がいると
ベストだとは思いますが、常にそういったことを考え、
提案していける会社でありたいと思いました。
| Webについて | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

NTTコムのネットマーケティング事業とは

NTTコム、携帯向けサイト構築など一括提供という記事(日経産業新聞2/25)。

内容は、
・パソコン向けを含むネットマーケティング事業で、
 2年後をメドに50億円程度の売上を目指す。
・管理画面上で作成ができ、画像はFlashに変換、
 広告配信はシリウステクノロジーズのシステム活用。
・料金は、サイト構築やメール配信などの基本機能で月額1万円から。
・アクセス解析は昨年3月に買収したデジタルフォレスト。

アクセス数や売り上げなどに応じて課金とのことでお金の
取り方が気になるところ。

パソコンを含むネットマーケティングで売上50億というのは
結構な規模だ。

現在、”ネットマーケティング”のサービスを提供している企業は、
インテグレーション寄りの企業と、ネット広告寄りの企業がある。
(”総合広告代理店”を除く)

以下、各社の数字を見てみると・・。

■インテグレーション寄り

・IMJ 約186億
 (うち、モバイルセグメントは約62億)
 ※21年3月期
・メンバーズ 約47億
 ※21年3月期
・ネットイヤー 約31億
 ※21年3月期

■ネット広告寄り

・サイバーエージェント 約939億
 (うち、広告代理事業は409億)
 ※21年9月期(9月決算)
 ※サイバーの決算単身数値データのセグメント別シートには
  ソリューション事業分野は見当たらず
・オプト 約544億
 (うち、広告代理事業は502億、ソリューション事業分野は32億)
 ※21年12月期(12月決算)
・セプテーニ 約330億
 (うち、ネット広告事業は267億、インターネット関連事業は45億)
 ※21年9月期(9月決算)

あくまで現在の数字ベースで見ると、
インテグレーション寄りでは、業界2位となり、
ネット広告寄りでもオプトのソリューション事業分野と
セプテーニのインターネット関連事業を抜く。

今回リリースされた内容を見る限り、
モバイルのサービスについてはIMJなどと顧客ターゲットが
異なるとは思うが、アクセス解析などでいうと、
昨年3月に買収したデジタル・フォレストの
コンサルタントについては単価もかなり高く、
そちらの分野では上記6社とも顧客ターゲットもかぶってくる。

現在SIのほうで入っている顧客資産を活かして営業をかけていく
のであれば、なおさらだろう。

NTTコムが、「ネットマーケティングで50億」という中身を
どのようにセグメント別で考えているのか、気になるところだ。
| Webについて | 01:27 | comments(1) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

シナリオ設計に対するこだわり

興味深く読ませていただきました。

▼コンバージョンUP400%を達成したVoices.comの顧客体験設計
http://www.fallinstar.org/2010/02/up400voicescom.html

アクセスログ解析のような「ユーザーの行動軌跡」だけでは、
なぜユーザーがそう動いたのか、という「ユーザーの行動理由」
を把握することは難しいです。

予算の関係などもありますが、
単一の調査だけでは、偏りが出るため、
アクセスログ解析+ユーザビリティテストのように
組み合わせるのが良いと思っています。

ユーザビリティテスト(弊社ではデプスインタビューとも呼んでいます)
はまた、アクセスログ解析と違い、サイトを操作してもらう前にも
インタビューを併せてすることで、サイトに訪れる前の状況や
競合他社との使い分けをヒアリングできるのも魅力的です。

全ユーザーの行動軌跡であるアクセスログと違い、
ユーザビリティテストの被験者数があまりに少ないと
偏りが出てくる可能性もありますが、母数に気をつけることと
被験者を集める際のフィルタリングをきちんと行えば
避けることができます。

なお、最初はTIPSやベストプラクティスの紹介なのかな、
と思って読み進めていったのですが。
LPOなどという安易な手段ではなく、ちゃんと顧客体験を見渡し、
機会を捉えてセールスの流れを最適化する。
世の中が安きに流れている今だからこそ、一貫したシナリオ設計の
パワーが発揮されるのでしょうね。

さて、こんな感じでしたが、やはり感じるのは顧客理解の徹底と
単発施策に終わらない営業フロー全体のシナリオ設計に対するこだわり。
これには、全く同感です。
「コミュニケーション・デザイン」、「シナリオ設計」、
色々な言葉が溢れていますが、重要なところはやはりここだと
考えています。
| Webについて | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

ローソンとADKとドコモ、デジタルサイネージによる広告配信事業を行う合弁会社設立

 ▼ローソンとADKとドコモ、デジタルサイネージによる広告配信事業を行う合弁会社設立
http://www.adk.jp/news/2010/100202.html


今後、こういう取り組みは増えそうですね。

次は、○○と○○と○○かな?

デジタルサイネージの配信データ×携帯アクセスデータ×店舗のPOSデータ
という横串のデータは、プランニングする上での裏づけデータ
として宝になりそう。
| Webについて | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Web標準化 (W3C) とHTML5の状況(長谷川さん作成)

 HTML5について、昨年12月に総務省のWebサイトで
「Web標準化 (W3C) とHTML5の状況」
というスライドも公開され、ますます気運が高まってきました。

長谷川さんがそのスライドをわかりやすく
作り直したものがあったので、共有します。

要点をおさえた美しいスライドで、ドキュメントつくりの
参考にもなります。

また、この「○○をリデザインしてみた」というのは、
個人的に流行る予感・・!

▼HTML5に関するW3Cのスライドをリデザイン
http://www.yasuhisa.com/could/article/w3c-html5-remix/#

| Webについて | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Facebookのビジネスモデルを読んで

ループスコミュニケーションズ斉藤社長のブログより。

Facebookのビジネスモデルをmixi、モバゲー、GREEと
比較し、詳細に分析されています。

このリーク情報に基づくと,Facebookの収益構造は,
広告系売上とアプリ系売上のふたつで成り立っており,
広告系はさらに3つのタイプに分類されていることがわかる。
▼Facebook ビジネスモデルを徹底分析 〜 mixi,モバゲー,GREEと比較
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/01/facebook-mixigr.html


以下はARPUの比較。
ARPU(会員あたりの月売上,Average Revenue per User)で
比較してみるとわかりやすい。Facebookは日本のSNSと比較すると,
広告ARPUで20-40%程度,会員ARPUで2-50%程度に留まっている。
そのため,会員1人あたりの月売上で約12円と,ARPUが最大である
GREEの112円と比較すると11%となっている。

Facebookの会員ARPUは高いと思っていたので、
12円というのは意外な数字でした。

GREEのARPUが1番であるが、100円ぐらいが限界か、
というのは聞いたことがありましたが、
Facebookはかなり少ないんですね。

やはり、携帯ユーザーは課金に慣れている。

ソーシャルメディアのデータではありますが、
「自社サイトのメディア化」、というのを良く聞く中でも
参考になるデータでした。

もっとも、コカコーラのように、自社でつくるよりも
既に人がいるところへ出て行く流れもありますが。
(ただし、日本コカコーラの場合、自社サイトであるコカコーラ
パークはメディアとして完成度高いですね)

▼コカコーラ、キャンペーンサイト構築からソーシャルメディアにシフト
http://thenextweb.com/2010/01/13/coke-replacing-campaign-sites-social-media/

| Webについて | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Z会がCMS導入

Z会がCMS導入をした話が、Web担に掲載されてましたので
メモ。

事前のオリエンの際には、代表の林氏が直接打ち合わせを
されたそうで、トップ営業の大切さも実感しました。

・制作会社:
 ロフトワーク

・導入したCMS:
 WebRelease 2

・ペルソナ作成:
 ライフメディアの「ペルソナ・アイ」を利用

・KPI設定:
 デジタル・フォレストのサービスを利用

▼Z会がCMS導入で12000ページ全面刷新
 - リニューアルの裏側を大公開
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/01/25/7212

| Webについて | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

ランディングページだけ集めたサイト

ランディングページだけ集めたサイト。

▼ランディングページ集めました。
http://lp-web.com/


”金融”など業界で絞込みできて一覧できるので
面白いです。

また、競合のLPを見る機会はあっても、
異業界のLPを検索かけて見るのは
手間がいるので、一度に見れるのは便利ですね。

私が以前、作成させて頂いたLPもありました
| Webについて | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Facebookユーザーに、偽ユーザーをつくってアプローチ

Facebookユーザーに、偽ユーザーをつくってアプローチし、
セキュリティ意識の調査をしたそうです。

この調査そのものが、道義的にどうなんだろう?
とは思ってしまいますが(自分がやられたら嫌です)、
調査データは興味深いです。

調査チームが偽ユーザーをつくって、Facebookユーザーに
アプローチした結果、
・友達リクエスト承認:41〜46%
友達として登録した人の89%について生年月日を知ることができた
電子メールアドレス:100%取得
友達になった全ユーザーの半数が自分が住んでる町の名前を
 公開
など。

思いあたるふしがある方は、何でも公開にせず、
公開と非公開のバランスを、今一度確認してみると良いかも
しれません。

▼Facebookユーザーは個人情報を積極的に公開しすぎ--ソフォス調査
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT200912080031.html
| Webについて | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM