スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク

フリーペーパーと2次元コード連動のポイントサービス

ネットの共通ポイントサービスを運営するネットマイルと、
フリーマガジン出版のポノポノコミュニケーションズは
9月27日、雑誌誌面と2次元コードを連動させたポイント
サービスを11月24日に開始すると発表した。

ポノポノが全国の書店を通じて配布する20歳〜30歳代の
女性向けフリーマガジン「花日和」に、ポイント付き
2次元コードを掲載する。読者が携帯電話機で2次元コードを
読み取ると、広告コンテンツを表示。同時にネットマイルの
携帯向け会員制ポイントサービス「モバイル-ネットマイル」の
ポイントを付与する。

フリーマガジンと2次元コードを連動したポイントサービスが開始へ
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20250547,00.htm?ref=rss


紙面と2次元コードの連動は、当たり前になっていますが、
ポイントサービスも出てきましたね。(今までにもあるのかな?)

ネットと紙媒体の組合せで気になったニュースをもう1件。

ネットと紙媒体の広告運用・管理を統合管理するアドネットワーク「xmax」
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/20060929/280


インターネットと紙媒体での成果報酬型広告サービスを統合したサービスを
開始するそうです。
| フリーペーパー考察 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(31) | このエントリーを含むはてなブックマーク

携帯電話販売店と連動したフリーペーパー

株式会社リモーションが、ドコモショップやauショップなど
全国の携帯電話販売店と連動したモバイルクロスメディア媒体の
販売を開始しました。

 同社の提唱する「モバイルクロスメディア媒体」とは、
携帯電話販売店の店頭・店舗で利用されている雑誌媒体と
モバイルサイト。

各店舗で配布される10万部発行のフリーペーパー
「Moberge(モバージュ、先日このブログでも取り上げさせていただきました)」と、
これに連動したモバイルサイトを利用し、
フリーペーパーを読んで、連動する携帯サイトで細情報を
確認したり、配布店舗でサンプル商品を受け取ったりする
といったプロモーションですね。

集客のほぼ100%が携帯電話ユーザであり、携帯電話購入時の
申込書から性別、年齢などのユーザセグメントが詳細に行える
店舗の可能性に注目してきたとのことで、実験プロモーションでは
モバイルコンテンツ関連などのプロモーションに効果が高かった
ようです。

弊社も公式サイトを運営していますので、以前携帯サイトを
まとめたフリーペーパーへの広告掲載の提案を受けたことが
あります。

そのときはお断りしましたが、今回のものは、店舗との連動が
できるという点で興味深いですね。

*ソース
http://www.venturenow.jp/news/05/vn20050427-05dp.html
| フリーペーパー考察 | 13:27 | comments(4) | trackbacks(3) | このエントリーを含むはてなブックマーク

フリーマガジン『Moberge』プレ創刊

また新しいフリーペーパーが出たようなのでメモ。

■フリーマガジン『Moberge』(モバージュ)

20〜30代の女性をターゲットに、
三菱電機グループで携帯電話の販売などを手がける
ダイヤモンドテレコムから創刊。

フリーマガジンにプロモーション情報を掲載、ユーザーが
携帯電話からサイトで確認できるようにし、店舗への誘導を図る。

全国展開する DoCoMo ショップなど、
携帯電話販売店約400店舗で15万部を無料で配布。

A4版オールカラー全36ページで、毎月15日発行。
本創刊は6月15日を予定。

・『Moberge』(携帯専用)
http://moberge.com/
・ダイヤモンドテレコム
http://www.dia-tel.com/

*ソース
 ダイヤモンドテレコム、20〜30代女性向けフリーマガジンをプレ創刊
 (Japan.internet.com)
 http://japan.internet.com/wmnews/20050315/5.html
| フリーペーパー考察 | 10:30 | comments(2) | trackbacks(2) | このエントリーを含むはてなブックマーク

情報誌・フリーペーパー市場でリクルート圧勝

ライブドアグループ ネットアンドセキュリティ総研による
発表データ。

・リクルート圧勝、情報誌・フリーペーパー市場で上位を独占
http://www.bizmarketing.ne.jp/2/1961.html

フリーペーパー7誌を含む代表的な雑誌17誌と「漫画雑誌」
「雑誌は読まない」の20の選択肢の中から、頻繁に手にとる
ものを複数回答形式で尋ねた結果、「HOTPEPPER」が43.3%、
「R25」が28.2%で、1位2位をリクルートの発刊する
フリーペーパーが独占。

また、「R25」の記事がきっかけで何か行動を起こしたことがあるか
という問いには、コンビニに置いてある商品を紹介する「コンビニ大学」
で見たものを実際に買ってみるという回答が多いという。
商品の認知やだけでなく、理解・購買まで強力にプッシュしてる
ことが興味深いです(商品単価が安い、というのも勿論あると
思いますが)。

女性版のR25を求める声もあるそうです。
そういえば、電車の中などで「R25」を読んでる女性を結構見かけます。

R25では世の中の話題を幅広く取り上げて解説する「RANKING×REVIEW」や
1週間のイベントや新商品を紹介する「イベントカレンダー」が人気の
1位2位。

いずれも世間のトレンドをざっくり掴めるコンテンツです。
女性向けのフリーペーパーは既にかなりの数がありますが、
こういったコンテンツを入れれば、差別化が図れるのかも
しれません。
うちで出してる女性向けフリーペーパーにもこういった
コンテンツはないから、提案してみようかな…。
| フリーペーパー考察 | 18:27 | comments(6) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

また新しいフリーパーパー「アルバイトニュース」

また、新しいフリーペーパーが出てきました。

週刊「an」で有名な学生援護会が発行する「アルバイトニュース」
という求人フリーペーパーです。

首都圏にて9版を2月3日(一部2月7日)に創刊しました。
発行は毎週木曜日。(*千葉版のみ毎週月曜日)

このアルバイトニュース、ただの「フリーペーパー」ではなく、
「ハイブリッドフリーペーパー」という名称を打ち出しています。

フリーペーパーでは後発のため、ネーミングからのイメージに
おいても差別化を図る思惑なのでしょう。

さて、これまでのフリーペーパーと何が違うのか、というと
「携帯電話と連動したハイブリッド機能」とのこと。

具体的には、求人情報に付与された番号をケイタイに入力すると、
フリーペーパーだけでは不可能だった「応募締め切り」ないし
「締め切り間近」などの情報を得ることができ、求人情報の詳細も
入手することができるらしいです。

ちなみに、これらの機能は特許出願中とのことですが、
「フリーペーパー + 携帯」ではなく、
「フリーペーパー + PC」だと、廣済堂のJobClick
「ジョブクリコード」というものを使用して、似たようなことを
やっていましたね。
こちらは色々な場所で駅構内のラックを見ましたが、結構残ってて
苦戦されているようですが…。

フリーペーパーで見てから、詳細を知りたくてPCから見る、という
導線は正直あまり想像できなかったのですが、
フリーペーパーで見てから携帯で見る、というのは親和性が高いと
思います。

それにしても、学生援護会までフリーペーパーに進出するとは、
リクルートの「フロムエー」も価格を100円に下げたりしているので、
求人業界全体で見て、週刊誌が売れなくなっているという
あらわれにも感じます。

*学生援護会 プレスリリース
 http://www.engokai.co.jp/news/press/20050127_01.pdf
| フリーペーパー考察 | 13:56 | comments(10) | trackbacks(5) | このエントリーを含むはてなブックマーク

フリーペーパーの「ぱど」が新サービス

購読しているメルマガ「経営戦略考」で、
フリーペーパー関連の気になる記事があったのでメモ。
(うちの会社はフリーペーパーも発行しています。)

昨日2月2日の日経流通新聞に、
「無料情報誌宅配の「ぱど」化粧品業界向けに店頭調査請け負い」
という記事が掲載。

「ぱど」の場合、フリーペーパーの配布スタッフとして
主婦ら約5千人が登録しています。
この一大組織を活用し、新しいサービスを展開する
予定だとのこと。

その新しいサービスとは、
「メーカーなどから請け負って、化粧品売り場での
試供品の設置状況などを調査するサービス」。

フリーペーパー配布スタッフが調査員となり、
チェックするかたち。

「ぱど」は既に昨年6月より、「化粧品や食品売り場での
商品の陳列・整理をメーカーから請け負う」サービスも
開始しています。

フリーペーパーという既存事業にとらわれず、
販促支援サービスを新たな事業の柱に育てていこう
という狙いのようです。

サンケイリビング新聞社のフリーペーパー「サンケイリビング」も
リビングレディと呼んでいる配布員によって家庭1軒1軒に
配布されていますが、そこからさらに事業を創出したかたち
ですね。

うちの会社の場合、フリーペーパーの配布方法は
ラック、街頭での手配り、オフィス配送のみのため
直接的な参考とはなりませんが、「経営戦略考」で
書かれていたように、
「既存事業で蓄積した経営資源を活用することにより、
どのような新規事業を立ち上げることができるか」

という点でとても参考になりました。

*ぱど プレスリリース (PDF)
 http://www.pado.co.jp/pdf/20050131.pdf

*調査・マーケティング業務の詳細ページ
 http://www2.pado.co.jp/ms/
| フリーペーパー考察 | 17:55 | comments(6) | trackbacks(2) | このエントリーを含むはてなブックマーク

韓国のフリーペーパーがとんでもないことになっている

昨夜、TV「ワールドビジネスサテライト」を観ていたのですが、
そのなかで韓国のフリーペーパーについての特集があり、
実に驚きました。

地下鉄の駅入口に設置されたラックが、なんと43個!
つまりフリーペーパーが43誌もあるのです。

韓国では3年前からフリーペーパーが出始めました。

フリーペーパーというよりも、サイズは全て統一の
タブロイド紙サイズで「無料新聞」といった感じなのですが、
無料新聞3社(『フォーカス』と『メトロ』と「am7」)だけで、
首都圏地域に毎朝180万部以上配布。

ラックに置いたフリーペーパーがはけるスピードも
非常に早いようです。

今では通勤時には皆新聞よりもフリーペーパーを
読んでいます。
そのため、新聞の売上は大幅減。今後2〜3年で新聞社が数社
潰れるのではないかという予測も出ています。

ちなみに、各紙収益源は広告収入のため、紙面の半分は広告が
占めています。

さて、日本でもこれから先こういった状況は起こりえるの
でしょうか。

日本でもフリーペーパーはたくさんありますが、
タブロイド紙サイズの「無料新聞」といったかんじの
ものだと、「TOKYO HEADLINE」(首都圏35万部・週刊)
あたりでしょうか。ニュース記事はロイターやブルームバーグなど
外国通信社の記事を掲載。また、紙面の半分くらいを広告が占めて
います。
発行当初は日刊だったのですが、4カ月あまりで週刊化。
部数が伸びなかったためらしいのですが、その原因は
恐らくJRや地下鉄の駅構内にラックを設置できなかったため
だったと思われます。
この点については、脅威を感じた既存の日刊紙業界による
キヨスクへの「圧力」、もしくはキヨスクによる業界への
「配慮」があったのでは、と見られています。

・REAL TOKYO「日刊紙の未来」
http://www.realtokyo.co.jp/japanese/column/ozaki53.htm

また、3年くらい前に朝日新聞社が発行した「seven」という
週刊タブロイド紙(1部100円)もありました。
ターゲットは若者だったのですが、こちらは創刊から2ヶ月で
廃刊してしまったようです。

無料新聞を日本でも流行らせるためには、色々と障害がありそう
です。
今流行っているいわゆる「フリーペーパー」は、飲食店の
クーポンや求人情報など、「広告」系です。
新聞に劣らない「記事」となると、信頼性の高い記事・読ませる
記事のためには、やはり「編集」という面がフリーペーパーとは
比べ物にならないくらい重要になりますからね。
この中間に位置するものだとリクルートの「R25」あたりに
なるのでしょうか。

*韓国のフリーペーパー事情については、
 実際に韓国にお住まいの方がブログで記事にされていて、
 とても参考になります。
 http://blog.odn.ne.jp/seoul/archives/000701.html
| フリーペーパー考察 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(3) | このエントリーを含むはてなブックマーク

『「R25」の誕生秘話』を読みました

月刊「BOSS」というビジネス誌の10月号で「リクルートの秘密」という
特集があり、その中に『部数50万部の無料雑誌「R25」誕生秘話』という
記事が掲載されていました。

「R25」という無料雑誌は皆さんご存知ですよね?

ターゲットとしているM1層(20歳〜34歳までの男性)は新聞もあまり見ない、
テレビもあまり見ない、ではインターネット世代だからと、メールを使った
販促をしても効果がない、企業側にとって非常に難しい世代です。

そんな中、R25は「搬入するそばからはけていく」と担当者が話している
ように、自分もR25がものすごい勢いではけていくのを目の当たりにした
ことが何度かあります。

その秘密は、編集面・デリバリー面・広告収入面の3つの面全てにある
ようです。

■編集面
 ・M1層に対してグループインタビューを何回も行い、コンテンツを企画
 ・リクルートは情報誌主体のため、純粋な編集経験のある人間が
  あまりいないが、比較的編集センスのあるスタッフを集めた
  (編集企画は全て自前で、外部委託はしてない)
 ・TV番組欄を入れて、「持ち帰って」もらう

■デリバリー面
 ・ベルシステム24にラック開拓を依頼
 ・東京メトロの看板広告スペースをマガジンラックとして活用
  (今後、タバコ広告が禁止になるため、東京メトロサイドとの利害が合致)

■広告収入面
 ・電通一社に依頼(当初は各広告代理店をあたったが、一本化)

 *ただし、総ページ52ページ中20ページが広告ページだが、50万部
  刷っている今の状況では、まだ赤字とのこと。
  この先、広告単価を上げるか、広告ページを増やす方向らしい。
  (現在の広告単価や総収入は非公開だが、部数100万部、広告単価200万円
  が目標)

今後どうなっていくのか、動向に注目していきたいと思います。

また、ネットとの絡みも色々やっているようです。

■Webサイト上でのアンケート実施

■モバイル通販
 オンライン通販で実績のある「ネットプライス」と提携し、
 ケータイからギャザリング(共同購入)システムで購入できる。

■ブログマーケティング
 先日、このブログでビジネスとしてのブログ
 という記事を書きましたが、はやくも取り入れています。

 「今週号の見出し」コーナー上において、ブログを持っている読者が記事を
 読んだ後に、『「感ずるところ」がありましたら、トラックバックをおねがい
 します。』とのこと。

 まだ、トラックバック自体の数は集まってないようですが、ブログをマーケ
 ティング手段として、はやくも活用しているようです。
| フリーペーパー考察 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(48) | このエントリーを含むはてなブックマーク

QRコード付きフリーペーパーを考える

モバイルライター/ジャーナリストの三田さんのblog
「誰かやらない?ケータイファン向けフリーマガジン」という記事を読みました。

その中の、
「これからは、フリーマガジンが“imenu”になるんだよ」
‥確かにその通りだと思います。

QRコード対応機種の登場と増加は、ポータルを通さないアクセスを確実に
増やしていくでしょう。
続きを読む >>
| フリーペーパー考察 | 19:17 | comments(3) | trackbacks(12) | このエントリーを含むはてなブックマーク

フリーペーパー戦国時代

うちの会社では、クーポン付きフリーペーパーの事業も行っています。

そのため、街中でフリーペーパーを見かけると、
必ず手に取ってみることにしているのですが、
今回初めて見たのが、フリーペーパー「ぴあCOUPON BOOK」。

一店舗1ページという構成で、チケットの「綴り」のような形態です。
ミシン目もついていて、特集記事のようなものがなく、実用重視なかんじです。

リクルートの「ホットペッパー」などは大きいサイズで出していますが、
続きを読む >>
| フリーペーパー考察 | 14:22 | comments(3) | trackbacks(14) | このエントリーを含むはてなブックマーク

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM