スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< Web業界のアツい夜 | main | Webアクセス解析データ × BI >>

ネット上での生保の関心度

ネット上での生保の関心度についての記事。

▼ネット生保の関心度は37.0%――しかし最も加入したい生保では“苦戦”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080811-00000048-zdn_mkt-bus_all


--------------------------------------------------------------------
・一度契約した保険会社について、変更を検討している人は減少傾向

・「加入したい生命保険会社はない」と答えた人は46.1%

・最も保険料を多く支払っている会社のイメージ
 「安心感がある」(43.1%)
 「安定性がある」(33.2%)
 「信頼感がある」(16.1%)
 「営業担当の対応がよい」「親しみやすい」(14.8%)

・ネット生保「SBIアクサ生命保険」と「ライフネット生命保険」について
 「非常に関心がある」(5.1%)
 「やや関心がある」(31.9%)を合わせ、
 ネット生保の関心度は37.0%

 最も加入してみたい生保は? の質問には
 「SBIアクサ生命」0.2%
 「ライフネット生命」0.1%
--------------------------------------------------------------------

この結果を見てみると、
財務の安定感や、リアルの営業フォローを求めているんですかね。

リアルからネットへ、という流れで考えた場合、同じような業態の
オンラインバンキングやネット証券は、
以下の3つのメリットがあり、生活者に受け入れられたのだと
考えています。

1)振込み・引き出しや売買など
 取引の頻度が多く、手数料も都度高くかかっていたものが、安くなる
2)PCかモバイル端末があれば、どこでも取引できる利便性
3)オンライントレードで稼げる!というような市場の盛り上がりと
 個人の台頭

上記の3つに照らし合わせると、生命保険の場合
1)取引頻度が多いものではない
2)どこでも取引するというようなものではない
というように1)2)は難しく、
3)のみ、一生でこんなに安くなる(節約できる)という事実を
上手くPRできればいけるかな、と思います。

勿論、上記はコストや利便性という枠組みでしか考えていないので、
違ったアプローチがあるかと思いますが。

ネット証券業界のようにネット生保業界も
業界としてもっと盛り上がっていく必要がありますね。
| Webについて | 12:26 | comments(1) | trackbacks(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 12:26 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
2010/09/06 8:47 PM, from 生命保険の選び方









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/611
オンライントレード
オンライントレードの基礎知識やオンライントレードの商品の特徴について
2008/09/08 11:18 AM, from オンライントレード.biz

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM