スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< ロングテール実感 | main | 金融業界から広告業界への転職 >>

「NO BORDER」なプロデューサー。

かなり日が経ってしまっているのですが、
以前参加したエイクエント主催のセミナーのレポートが
アップされていましたので、御紹介します。

ブランド解体図説 第6回「日清カップヌードル」
http://blog.aquent.co.jp/ba/2008/07/post.php


内容は、日清食品の宣伝部長佐々木智氏による、CM変遷と社会的背景の話と、
groundクリエイティブディレクター高松聡氏による、実際のCM制作現場の裏話。

日清カップヌードルの「NO BORDER」、「FREEDOM」をコンセプトにしたCMは
記憶に新しいと思いますが(一消費者としても好きなCMでした)、これを計4年間
担当した高松氏のお話しが素晴らしく、鮮明に記憶に残っています。

「NO BORDER」では、CM撮影のためにロシアの宇宙局と交渉を重ね、
撮影のためだけにロケットを飛ばして、宇宙ロケを敢行。

「FREEDOM」では、若者に届くCMとしてアニメーションを考えるのですが、
アニメスタッフは制作スケジュールが決まっていて年間拘束されてしまっているため、
15〜30秒のTV CM制作ではなく、「DVD制作」という名目で確保し、
クライアントに制作費負担もかけないため、DVDパッケージ化して販売。

こういったスキームを考える+周囲を巻き込んでいくパワーは物凄いですね。

その実績もさることながら、プレゼンテーションも非常に洗練されていて、
会場の皆さん、聞き入ってました。

こういう人こそ真の「プロデューサー」だよなぁ、と
思いました。
まさしく「NO BORDER」。

もっともっと枠を超えてプロデュースしなければいけないな、
と痛感。
| マーケティング | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 23:06 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/654

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM