スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< オンラインバンキング攻防戦 | main | ストレス解消には、小学生以前に熱中していたスポーツを >>

Web サイトのリニューアルを行った結果、検索エンジンからの集客数が大幅に落ちた事例

最近2つのブランドを1つにしたある家電メーカーの事例、
と書かれているので・・・、あの企業ですね。
問題は紫色の線、同社の2ドメインのうち良い順位を集計したスコアである。この数値が、その企業の Web サイトが検索エンジンから見つかりやすくなっているかを明確に示すものと考えられるが、10月段階でファインダビリティスコアが落ちている。つまり、2ドメインを統合したことで、検索エンジン経由での集客を行いづらくなったのである。
理由としてはいくつかあるものの、最大のものは使用しなくなったドメインから使用するドメインへのリダイレクトが、JavaScript によるものであり、ユーザーが使用するブラウザに認識できても検索エンジンが認識しづらいものだったことである。
▼事例から見る大規模リニューアルと SEO
http://japan.internet.com/column/busnews/20081209/8.html


上記で原因として書かれているとおり、
一般的には、JavaScriptを使用したクライアントサイドリダイレクトでなく、
サーバサイドリダイレクトでステータスコード「301」を使うのが良いです。

以下のYahoo、Googleのページに詳細が記載されています。

▼Yahooサイト管理者向けヘルプ
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-21.html


▼Googleウェブマスター向けヘルプセンター
http://www.google.co.jp/support/webmasters/bin/answer.py?answer=93633&query=%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88&topic=&type=


-------------------------------------------------------
■12/15追記

旧ドメインに1部を残して、1部を新ドメインに移行する場合は、
旧ドメインはそのまま残して、移行するもののみ301でリダイレクト
をかけるのが望ましい。

1対1で旧ページと新ページをリダイレクト設定するのが
望ましいが、現実的でないのでディレクトリごとに設定するのが
一般的(カテゴリTOPページにリダイレクト)。
| Webについて | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 19:03 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/674

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM