スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 株価と会計処理 | main | Google検索結果のページをどう見ているか >>

SEMと市場

徳力さんの記事より。

ただ、ここで気を付けなければいけないのは、検索連動型広告の効果の限定性です。

 検索連動型広告は、文字通り「検索行為」をしなければ表示されない広告。この「検索行為」をしている人は、AISASでいう「Search(検索)」までたどり着いた人たちです。

▼検索連動型広告だけに頼ると市場が広がらなくなる?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20090203/184835/?P=1&ST=nmg


同意です。

新しい価値観やスタイルを提供することで市場を広げたり、
認知させる土壌作り、潜在顧客の顕在化
といった部分は、SEMだけには頼れませんね。

リアルの広告や、情報クリエイティブを別途考える必要が
あります。

今までこういった分野は、ROIが測りづらいと
言われていましたが、色々とソリューションも出てきました。

全てをROIの側面だけで見るのも良くないですが、
よりROIの「見える化」が進んできたな、と思います。

オンラインとオフラインの繋ぎ込みによって見えてくるものも
面白い。
特に、金融・人材・不動産といったリード生成系の場合、
・CVRは高いが、その後の成約率は低い媒体・キーワード
・CVRは低いが、その後の成約率は高い媒体・キーワード
なんかも見えてきますね。
| 広告 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 22:55 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/696

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM