スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 米AIGがアリコをスピンオフ | main | Calvin Kleinのサングラスでシークレット・エージェントになる >>

外的に伝達される情報も進化として捉える

ネットの流通情報量が、4年前の約7倍にも増えているというデータ。

2008年度の流通情報量は約6ゼタビット、消費情報量は約300ペタビットで、
それぞれ過去5年間で約1.5倍、約1.1倍となった。その内訳は、流通情報量の
約98.5%、消費情報量の約77.4%を放送メディアが占めるものの、ほぼ横ばい
で推移するほかのメディアに対して、インターネットの流通情報量は4年前の
約7倍、2年前の1.5倍のペースで増加している。
▼インターネットの情報流通量4年間で約7倍に--総務省調査
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20396727,00.htm?ref=rss


これだけ増えていると、企業が発信する情報がその中から
消費者にいかに選ばれるか、というのに益々鎬を削ることになりますね。

・・・という、仕事面の話も勿論ですが、
こんな↓ホーキング博士の言葉も頭に浮かびました。

ホーキング博士によると人類がこの 1 万年、その中でも特にここ
300 年に渡って蓄積してきた知識は現在の人類と我々の祖先とを分かつと
いう。博士曰く「我々は、我々の遺伝子のみからなるものではない」との
ことで、進化を遺伝物質による内的伝達に限らず、外的に伝達される情報も
進化として捉えるべきとのこと。人類が DNA で伝達している内的情報に
著しい変化は起きていないが、人類が後世に引き継いでいる情報は驚異的に
増え、この 1 万年間人類は外的伝達フェーズにあるという。
▼ホーキング博士曰く、人類は進化の新段階に突入
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=09/07/07/0126220


外的伝達フェーズも、ここ数年でネット等により情報量が爆発的に
増え、伝達手段も増え新しいコミュニケーション方法が生まれたことで、
本当に加速度的なスピードで進んでいると思います。
| IT全般 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 23:13 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/780

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM