スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 納期を確率分布で考える | main | ネットバンキングの優遇制度 >>

大手生保各社が、医療保険の商品拡充

本日10/19日の「FujiSankei Business」より。

大手生保各社が、医療保険の商品拡充に乗り出している、
との記事。

背景となっているのは以下3点。

1)少子高齢化
 →死亡保障より、安心した老後のための医療や介護のニーズ

2)医学の進歩
 →平均入院日数が短くなったため、1日の入院でも給付金が欲しい
  というニーズ

3)保険金不払い問題
 →わかりやすい商品設計

具体的に商品が掲載されていたのは、住友生命、明治安田生命、第一生命の3社。

・住友生命:
 医療特約「救Q隊KING」、医療保険「ドクターKING」

・明治安田生命:
 医療保険「明日のミカタ」

・第一生命:
 「入院一時給付特約D」

日本生命の場合は、「マイメディカルEX」あたりが該当するのかな?

Webサイトでも、こういった新商品をわかりやすく説明し、リード生成するととともに、
今後は、顧客向けサイトを今よりさらに活用して、顧客の離反防止をどうやっていくか、
というのを各社考えることになると思います。

ここで言っている離反防止は、いわゆる保全業務(住所や集金形態の変更、保険内容の変更、保険金請求の処理などに伴う事務手続き)だけではありません。

顧客ロイヤルティプログラムも含みます。

顧客ロイヤルティプログラムは各社一部やっていますが、もっとネットならではの組み合わせの
展開や、フェーストゥフェースとネットとの融合とかはありだと思います。

特にフェーストゥフェースとネットとの融合は、ネットライフ生命などでも
やっていない。というか、できるのは営業を抱えた大手生保ならではと
思っているので、今後どこかやるだろうなぁと思います。

具体的には・・?、というのは提案させて下さい。笑

▼住生など医療特約を充実 死亡保障ニーズ低下に対応
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200910190033a.nwc

| Webについて | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 11:06 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/837

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM