スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計 | main | 図書館建築 >>

「チェ 28歳の革命」 「チェ 39歳別れの手紙」

DVDで、「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」
観ました。







チェ・ゲバラのことは、キューバ革命を成功させた
英雄であることを知ってはいましたが、本や映画を
観たことはありませんでした。

ありきたりな言葉になってしまうのですが、
本当に凄い人ですね。

革命を成功させ、英雄となり、地位も名誉も得ることができたのに、
それらを放棄して再び「革命家」となり、今度はボリビアで
ゲリラ活動を行う。

喘息持ちで、妻も子(5人)もいて、自分の国でもない。
なのに、なぜそこまでするのか。強烈な使命感なのか・・。
常人にはとても真似できることではありません。

ボリビアの失敗の要因としては、
・メンバーが育たなかった
・ボリビア共産党の協力が得られなかった
・民衆の理解が得られなかった
・アメリカがキューバの二の舞になるのを防ぎ
 共産主義の防壁として、ボリビアの特殊部隊の育成など
 協力した
といった点が考えられます。

「チェ 39歳別れの手紙」のほうは、常に死の匂いが隣にあり
近づいてくるような、やりきれない感覚を覚えました。

なお、雑誌「BRUTUS」の少し前の号で、チェ・ゲバラは読書家であり、
ゲリラ戦の最中でも本を読んでいた、と書かれて
いたのですが、この映画でもそういったシーンが
出てきます。

これをきっかけに、チェ・ゲバラの読んでいた本も
読んでみたいと思います。

以下は、チェ・ゲバラ本人の国連でのスピーチの動画。
今なお色褪せないカリスマたる所以が、スピーチからも伝わってきます。

| 雑記 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 00:30 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/855

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM