スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< CHAMPAGNE ROSE | main | みらいの話 >>

アスクルのマーチャンダイジングとデザイン

昨夜、仕事を終えた後、アスクルで個人向け事業「ぽちっとアスクル」を
統括されている方によるセミナーに行ってきました。

■講師:木村美代子さん(アスクル株式会社 執行役員/ぽちっと事業部 統括部長)

興味深かったのは、アスクルでは、「Webコンソーシアム」と
いう会を他メーカーとやっており、ナレッジの共有を定期的に
行っているということ。

他業界で、このような会をやっているというのはあまり
聞いたことがありません。

他にも、大学と共同でデータマイニングをやっていたりと、
御客様側のネットに対しての知識が益々高くなっていることを、
改めて感じさせられました。
(「Ad Tech」でもこういった声は挙がっていましたが)

以下、メモ。


--------- 1.アスクルの概要 -------------------------------------------


■現在までの経緯

・16年前にプラスの社内ベンチャーとして4名でスタート
・97年にメーカーの一部門でなく、流通業として分社

■売上規模

 2009年5月期(連結)

 売上高 1,904億円
 経常利益 82億円

■売上に占めるネット比率
 56.9%

 #しかし、紙のカタログを見て発注にWebを
  見るというユーザーが多い

■文具マーケット

 1.4兆円
 半分が外商(そのうち大部分が法人向け、残りはパーソナル)、
 半分が店商

 #法人向けの外商は大企業向けはあったが、
  中小企業向けは空洞であった。
  そこにアスクルのマーケットチャンスがあった

■「大アスクル」という発想(機能主義)

・アスクルの社員を「小アスクル」と呼び、
 サプライヤーや大学(大学の研究室)
 含め、「大アスクル」と呼んでいる

慶応大学の教授は、アスクルを面白いといい
 データマイニングを8年間ほどやっている。
 創業以来データがあるので、SPSSを使って研究してくれている

 東大の研究室でも、物流の最適化などの研究をしてくれている

■今伸びているのは
 オフィス・生活用品(飲料など)、
 日雑品(トイレットペーパーなど)、
 メディカル系

■物流センター

・全国に6か所ほどあり、当日にお届できる
・受注があってから、出荷が終わるまで約20分



--------- 2.アスクルのマーチャンダイジング ---------------------------


■「マーケティングパートナーシップ」

・この言葉を大事にしている

・御客様の声(御要望・御指摘・クレーム)、データを
 サプライヤーにフィードバックする。
 そして、新製品や製品改良をして頂いている

・バイヤー(買ってやるよ)ではない

■お客さまの声からつくったもの

・ネスカフェとの袋づめコーヒー(それまではビン)

・パナソニックとのオフィス用冷蔵庫(オフィスでは玉子入れは必要なし)

・エステー化学とのトイレの消臭剤(元は「消臭力」だがオフィスに合わせた)

・三井製糖とメロディアンとのコーヒー用のミルク(お客様に出すデザイン)



--------- 3.価値創造型マーチャンダイジングへ -------------------------


■木村さんは、ビジネススクールと2年間通った。同時期に出産もし、
 その間は戦略を練っていた

■その後、ネオマス層(当時だと喫茶店でなくてスタバのような)を狙い、
 東京、ミラノ、上海にバリュークリエイションセンターというオフィスを
 つくった

■デザイナーネットワーク(スゥエーデン)

・色々なデザイナーと、オフィス用品をデザイン

■開発までの流れ

・購買分析→ヒアリング→コンセプト化→開発

■事例

・サービス業の企業戦略としてのキッズコーナーを考えた

■最初は御客様の声から→トータルビジネスサポート提供へ

■オープンマーケティングコンソーシアム

・アスクルのWebコンソーシアムという会を他メーカーと
 やっている



--------- 4,アスクルのこれから ---------------------------------------


■個人向けへの展開「ぽちっとアスクル」
 大企業向けへの展開「SOLOEL」
 を提案している

■SOLOEL

・間接財一括購買システム

■ぽちっとアスクル

・売上は昨年対比で135%アップしている
 しかし、個人向けECはチャンスであるし、もっと伝えていきたいと
 いうことで、
 「アスマル株式会社」というアスクル100%出社で
 別会社とした

・アスマル株式会社には、ネットプライスのメンバーも参画している

・アスマル=明日(あす)のeーマルシェという意味

・今回は在庫をしなくても、御客様から発注があってから流せるような
 物流の工夫を取り入れている

 メーカーから直送というのもある。
 メーカーからアスクルには毎日便がくるので、そこに乗せてきて
 もらう。

・2月くらいに新しいお店をオープン

・楽天との違い
 アスクルの市場なので、メーカーと直接つながっているという
 安心感

・スタートのときは3〜40代のはたらく女性がターゲット



--------- 5,質疑応答 -------------------------------------------------


■社内にはデザイナーは、あえて持っていない

 PB会議で、社外のどういうデザイナーでやるか、
 どういうイメージで作るかというのをディスカッションして出す

■アスクルは無印良品のような統一されたトーンではなく、
 いろいろなトーンがある

■イベントで展示したような対面型の店舗を展開する予定は、
 期間限定で広告的にやる可能性はあるが、
 継続的にというのは考えていない
| ビジネス | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 16:53 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/867

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM