スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 学研の 『学習』と『科学』が休刊 | main | 250席に、1万人ものファンが殺到するトークライブ >>

中村勇吾氏インタビュー

あの中村勇吾氏へのインタビューを読みました。
気になったところをメモ。

中村 僕はスケッチを描かないですから。そういう習慣がないっていうのもあるんですけど。

ーー最初から絵があるとそれが縛りになるんでしょうか?

中村 どちらかと言うと、ステップごとに考える系なんです。現象として面白いと思うことが最初にあって、そこからビジュアル的に面白いところを探していく感じでしょうか。
こういったFlashモーションは、スケッチを書いて発想するものだ、と思っていたので、
意外でした。
発想の方法自体が、他と違っているんですね。

中村 まあ、ベースはトラディショナルでありながら、実は違うみたいなのをやりたかったということに尽きるんですけどね。虫眼鏡があってそこだけ拡大されるものって、昔からあるオーソドックスなスタイルですけど、それのニュアンス違いをどう作れるか、という。
このちょっとひねり具合というのが難しいですね。

▼COCOCreview 中村勇吾氏インタビュー
 http://cococreview.com/pg53.html



| Webについて | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 18:05 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/871

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM