スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 神楽坂 | main | Flash CS5によるiPhoneアプリ作成のデモ >>

iPhoneやAndroidにおける「公式サイト」とは「アプリ」のことだ

メモ。

遅かれ早かれ、より洗練されたものへ置き換わっていくでしょう。
そういう場所に一番近いのは、Androidだと思います。

最初からタッチスクリーンを前提に設計され、その上でキャリアの望むどんな拡張も
改造も可能なプラットフォームとしてのAndroidは次世代ケータイのコアとして理想的です。


それは、iPhoneやAndroidにおける「公式サイト」とは「アプリ」のことだ、ということです。

(中略)

こうした技術を総括すると、実はアプリがあればすべて解決できます。
Androidの場合、アプリが待受画面やホーム画面すら置き換えることが
できるため、iPhoneよりさらに自由度が高くなっています。

つまり、これからの時代というのは、公式サイトから、アプリへと
よりシンプルに回帰していくわけです。

例えば、占いサイトは占いアプリに、ニュースサイトはニュース
アプリに置き換えられていきます。こう考えると、現状のコンテンツ
プロバイダーに求められているのは、単なる情報ブラウザとしての
専用アプリの提供なのだと考えることが可能です。

そしてそれは、比較的容易に実現できるものなのです。
何しろiPhoneもAndroidも、アプリの中にWebブラウザを組み込む
ことは簡単にできるわけですから。極端な話、従来のページを
ただ表示するだけの専用ブラウザでもいいわけです。
▼「iPhone or Android?」――あなたの知らないモバイル業界の真実 (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0912/12/news004.html


| モバイル | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 12:46 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/882

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM