スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< Z会がCMS導入 | main | Web標準化 (W3C) とHTML5の状況(長谷川さん作成) >>

Facebookのビジネスモデルを読んで

ループスコミュニケーションズ斉藤社長のブログより。

Facebookのビジネスモデルをmixi、モバゲー、GREEと
比較し、詳細に分析されています。

このリーク情報に基づくと,Facebookの収益構造は,
広告系売上とアプリ系売上のふたつで成り立っており,
広告系はさらに3つのタイプに分類されていることがわかる。
▼Facebook ビジネスモデルを徹底分析 〜 mixi,モバゲー,GREEと比較
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/01/facebook-mixigr.html


以下はARPUの比較。
ARPU(会員あたりの月売上,Average Revenue per User)で
比較してみるとわかりやすい。Facebookは日本のSNSと比較すると,
広告ARPUで20-40%程度,会員ARPUで2-50%程度に留まっている。
そのため,会員1人あたりの月売上で約12円と,ARPUが最大である
GREEの112円と比較すると11%となっている。

Facebookの会員ARPUは高いと思っていたので、
12円というのは意外な数字でした。

GREEのARPUが1番であるが、100円ぐらいが限界か、
というのは聞いたことがありましたが、
Facebookはかなり少ないんですね。

やはり、携帯ユーザーは課金に慣れている。

ソーシャルメディアのデータではありますが、
「自社サイトのメディア化」、というのを良く聞く中でも
参考になるデータでした。

もっとも、コカコーラのように、自社でつくるよりも
既に人がいるところへ出て行く流れもありますが。
(ただし、日本コカコーラの場合、自社サイトであるコカコーラ
パークはメディアとして完成度高いですね)

▼コカコーラ、キャンペーンサイト構築からソーシャルメディアにシフト
http://thenextweb.com/2010/01/13/coke-replacing-campaign-sites-social-media/

| Webについて | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 12:29 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/889

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM