スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
<< Thu, Feb 25 | main | Fri, Feb 26 >>

NTTコムのネットマーケティング事業とは

NTTコム、携帯向けサイト構築など一括提供という記事(日経産業新聞2/25)。

内容は、
・パソコン向けを含むネットマーケティング事業で、
 2年後をメドに50億円程度の売上を目指す。
・管理画面上で作成ができ、画像はFlashに変換、
 広告配信はシリウステクノロジーズのシステム活用。
・料金は、サイト構築やメール配信などの基本機能で月額1万円から。
・アクセス解析は昨年3月に買収したデジタルフォレスト。

アクセス数や売り上げなどに応じて課金とのことでお金の
取り方が気になるところ。

パソコンを含むネットマーケティングで売上50億というのは
結構な規模だ。

現在、”ネットマーケティング”のサービスを提供している企業は、
インテグレーション寄りの企業と、ネット広告寄りの企業がある。
(”総合広告代理店”を除く)

以下、各社の数字を見てみると・・。

■インテグレーション寄り

・IMJ 約186億
 (うち、モバイルセグメントは約62億)
 ※21年3月期
・メンバーズ 約47億
 ※21年3月期
・ネットイヤー 約31億
 ※21年3月期

■ネット広告寄り

・サイバーエージェント 約939億
 (うち、広告代理事業は409億)
 ※21年9月期(9月決算)
 ※サイバーの決算単身数値データのセグメント別シートには
  ソリューション事業分野は見当たらず
・オプト 約544億
 (うち、広告代理事業は502億、ソリューション事業分野は32億)
 ※21年12月期(12月決算)
・セプテーニ 約330億
 (うち、ネット広告事業は267億、インターネット関連事業は45億)
 ※21年9月期(9月決算)

あくまで現在の数字ベースで見ると、
インテグレーション寄りでは、業界2位となり、
ネット広告寄りでもオプトのソリューション事業分野と
セプテーニのインターネット関連事業を抜く。

今回リリースされた内容を見る限り、
モバイルのサービスについてはIMJなどと顧客ターゲットが
異なるとは思うが、アクセス解析などでいうと、
昨年3月に買収したデジタル・フォレストの
コンサルタントについては単価もかなり高く、
そちらの分野では上記6社とも顧客ターゲットもかぶってくる。

現在SIのほうで入っている顧客資産を活かして営業をかけていく
のであれば、なおさらだろう。

NTTコムが、「ネットマーケティングで50億」という中身を
どのようにセグメント別で考えているのか、気になるところだ。
| Webについて | 01:27 | comments(1) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スポンサーサイト

| - | 01:27 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
Comさんはなかなか、パワープレイをしてきますからねー。
同業になるとやっかいですねー。
2010/02/27 10:42 AM, from K.I









Trackback
url: http://bushido.jugem.cc/trackback/916

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM