スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク

mixiとGreeは同じSNSだが似て非なるもの

少し前のものですが、読んだ記事についてのメモ。

mixiとGreeは同じSNSだが似て非なるもの
というのが一目で分かる収益分布。
(mixiは広告メイン。Greeは課金メイン。)

▼ネット広告に未来はあるのか?
 〜ネット広告サバイバル/Infinity Venture Summit 2009 Fallレポート"
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/12/01/6907?utm_source=webtanweekly&utm_medium=mail&utm_campaign=ww0091


また、印象的だったのは、D2CのCOOの方による、以下の意見。
一方で、ディーツーコミュニケーションズ(以下、D2C)のCOO、
宝珠山氏は、mixiのオープン化などについて、広告屋にとっては
あまり嬉しくない面もあることを指摘。

なぜなら、広告主が自分で広告を作って載せてしまうことが
容易になるため、その人達は儲かっていいけど、広告屋の役割が
乏しくなる可能性があるので厳しいという見方を示した。
広告主自身が枠を買い、プランニングし、制作は切り出しで発注する。
ROIについては、データを自社で貯め込む。

とした場合に、我々が提供できる価値とは何かが
より厳しく見られる時期にきていることを実感します。
| Webについて | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

250席に、1万人ものファンが殺到するトークライブ

同じ会社のプロデューサー、Oさんが手掛けたプロモーション!




▼「ウッチャンナンチャン」のトークライブ
http://www.e-theater.jp/un.php


12月26、27日に「ウッチャンナンチャン」のトークライブが、
やるのですが、Webでリアルタイム配信もするとのこと。

知らなかったのですが、ウッチャンナンチャンの
トークライブはものすごい人気で、
08年のライブでは約250席に1万人ものファンが殺到する
プレミアチケットとなったそうです。

今回は、チケットが取れない人でも、リアルタイム配信で、
ライブを見ながら、リアルタイムチャットが楽しめます。

しかも”日米同時”

以前行ったIT系のイベントもUSTREAMでライブ中継されたとき、
海外のユーザーがかなり閲覧していたと聞きます。

日本発の良質なエンタメコンテンツが、
リアルタイムで世界へ進出すると、どういう反応が出るのか、
非常に楽しみです。

▼即完売!ウッチャンナンチャンの「トークライブ」、日米同時「生配信」決定
http://www.excite.co.jp/News/economy/20091120/JCast_54378.html

| Webについて | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

中村勇吾氏インタビュー

あの中村勇吾氏へのインタビューを読みました。
気になったところをメモ。

中村 僕はスケッチを描かないですから。そういう習慣がないっていうのもあるんですけど。

ーー最初から絵があるとそれが縛りになるんでしょうか?

中村 どちらかと言うと、ステップごとに考える系なんです。現象として面白いと思うことが最初にあって、そこからビジュアル的に面白いところを探していく感じでしょうか。
こういったFlashモーションは、スケッチを書いて発想するものだ、と思っていたので、
意外でした。
発想の方法自体が、他と違っているんですね。

中村 まあ、ベースはトラディショナルでありながら、実は違うみたいなのをやりたかったということに尽きるんですけどね。虫眼鏡があってそこだけ拡大されるものって、昔からあるオーソドックスなスタイルですけど、それのニュアンス違いをどう作れるか、という。
このちょっとひねり具合というのが難しいですね。

▼COCOCreview 中村勇吾氏インタビュー
 http://cococreview.com/pg53.html



| Webについて | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

レコメンドの一般的なパフォーマンスの参考値

Webプロデューサー、Webディレクターが知っておくべきデータなので、メモ。

レコメンドの一般的なパフォーマンスの参考値。(シルバーエッグ社)

・レコメンドのクリックスルー率(レコメンドのクリック数÷レコメンドの表示数)=5%〜13%
・レコメンドの購買転換率(レコメンド経由での購買数÷レコメンドのクリック数)=3%〜40%


レコメンドのCTRは5〜13%が一般的 〜最近のレコメンドについてアイジェントECの中の人に聞いてみた
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/11/24/6551?utm_source=weeklymail&utm_medium=20091124#

| Webについて | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

嬉しい話

今日は嬉しいお話しを聞きました。

私が以前担当した、某金融系の御客様のサイトが、
コンバージョンが2倍になったとのこと。

プロデューサーとしてだけでなく、情報設計の部分も大枠を提示したのですが、
結構大胆なことを提示し、仮説でしかなかったものを
御客様が受け入れて下さったのが、実を結んで非常に嬉しいです。
| Webについて | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

設計の段階からハイパフォーマンスを意識する

同僚のディレクターから教えてもらったブログ記事↓

▼High Performance Web Design ~デザインから考えるハイパフォーマンスWebサイト~
http://warikiru.blogspot.com/2009/11/high-performance-web-design.html


これに出ている書籍「ハイパフォーマンスWebサイト」は以前から読んでいたのですが、
ブログ記事にあるとおり、CSS Sprites使ったり確かに「めんどくさい」面もあるのです。

しかし、”最初からHTTPリクエストを増やすような構成にしなければいい”というのは、
なるほどですね。

ディレクターは画面構成を考える際、
・ユーザビリティ
・アクセシビリティ(JIS指針に対応させなくとも基本的な)
・CV
・機能(Ajax等含む)
・システムとの兼ね合い(動的ページであった場合)
・SEO
・パフォーマンス
と考えることが多く、非常に大変ですが、
「シンプルに」ということを考えるのは大切ですね。

| Webについて | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

jQselectable

jQueryプラグインの形式で、select ボックスのユーザビリティ向上に使える
「jQselectable」というものが、Google Codeに公開されています。

▼デモは以下から
http://jqselectable.googlecode.com/svn/trunk/index.html


ソース:select ボックスを超便利にしてくれユーザビリティ向上に使える「jQselectable」
http://phpspot.org/blog/archives/2009/11/select_jqselect.html


以前、同じような実装を、ある検索サイトを構築した際に
行いました。

Google Codeに公開されているのは、便利で良いですね。

欲を言えば、セレクトボックスを選択する際、
レイヤー表示されたセレクトボックスのレイヤーの外をクリックすると、
元に戻るのですが、レイヤー上の右上に「閉じる(×)」ボタンが付いていると
もっと良いと思います。
| Webについて | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

御客様の課題のために本当にすべきことは何か

Web屋ならこうあるべき、という好例。

▼小さな事務所のSEO - その9

http://japan.cnet.com/blog/trans/2009/11/04/entry_27035254/


御客様のオーダーをそのまま受け取らずに、
御客様の課題のため本当にすべきことは何か?を考えた上で、提案する。

「小さな事務所」として書かれている例ではありますが、
これは大企業であっても同じこと。

リニューアルコンペの話が来て、
RFPを頂き、RFPにはやりたいコンテンツや施策が書かれている。

しかし、それが本当にその御客様の課題を解決するのか?
というところから考えて提案しなければならない。

改めて、その大切さを思い出されました。
| Webについて | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Yahoo! UI Library ver 3

Yahoo! UI Library ver 3が紹介されていました。

YUIはタブパネルやスライダー、ドラッグ&ドロップ、
アニメーション機能など、他のライブラリーやフレーム
ワークを凌ぐ充実したUI部品と豊富な機能を備えています。

Yahoo!をはじめとする大規模サイトで使用されている実績もあり、
非常に動作が安定しているのも特徴です。

Prototype.jsや jQuery、MooToolsなどではうまくいかない
複雑なDOM操作(複雑なHTML構造でのエレメント座標値の取得
など)も、YUIなら何の問題もなく実現できることも少なく
ありません。
▼どこよりも早い「Yahoo! UI Library 3」(YUI 3)入門
http://ascii.jp/elem/000/000/468/468235/


Yahoo! UI Library ver 3
http://developer.yahoo.com/yui/3/

「examples」からたくさんのサンプルが見れます。

「Animation」「Drag & Drop」のカテゴリのサンプルなどは、
見ているとアイデアが湧いてきそう。

以下サンプルのメモ。

ウィンドウを閉じる操作が小気味良い
・Basic Animation
・Animation Easing

マウスでクリックしたところに、オブジェクトがついてくる
・Animating XY Position

マウスでクリックしたところに、オブジェクトが跳ね返って
ついてくる
・Animating Along a Curved Path

ドラッグ&ドロップ
・Portal Style Example
| Webについて | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

ネットバンキングの優遇制度

昨日10/18の日経朝刊より。

「ネットバンキング、3メガ銀「優遇」広がる
―専業各社もサービス競う」という記事。

3メガ銀のネットバンキングの優遇制度の紹介がされてました。

また、ネット専業銀行では、各行とも金利がメガバンクより
高いのが特徴の一つですが、金利優遇以外の独自の
サービスに力を入れているという。

これはちょうど、以前のネット証券業界と同じ状況ですね。

どういったユニークなサービスが出てくるのか
楽しみです。
| Webについて | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール
このブログのはてなブックマーク数
最近の記事を読む
最近のコメントを見る
最近のトラックバックを見る
カテゴリー別に読む
過去の記事を読む
ヒートマップ
モバイルサイトは以下のQRコードから
qrcode
広告スペース
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM